「言葉を残そう」

ブログ版非公開

バラカン・ナンセンス。

書きかけの記事をさて置いてでも、ピーター・バラカン氏に物申したい。


ラジオDJピーター・バラカン氏が、BABYMETALを「まがい物」と酷評 ファン怒りの声

という見出しのネットニュースを見て心底呆れました。こんな心の狭い人がそこそこ名の通ったDJだという事の方が、世も末ですよ。


『25日放送のTOKYO MX「モーニングCROSS」では、海外で人気となっている同グループについて取り上げたが、コメンテーターとして出演したバラカン氏はコメントを求められると苦笑い。「世も末だと思っています」と語った。

 ジャンルを問わず様々な音楽に造詣の深いバラカン氏。番組での発言についてツイッターでも問われ、「番組の前からメディアを通じて少しは耳にしていましたが、ぼくは全く評価できません。先入観ではありません。あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います」とあらためて説明した。』(ライブドアニュースより引用)


この人が何をもってベビーメタルを判断しているかと言えば単に好き嫌いです。造詣が深いというのがどの程度で、どのジャンルについての事なのか分かりませんが、少なくとも嫌いだから世界で盛り上がっているのが不快なのでしょう。その程度しか読み取れない発言です。電波に乗せて何かを評価するのであれば、ましてやそれが否定的意見なのであれば、当人やファンがぐうの音も出ない根拠と理論をもってすべきであって、「ええ、聞きましたよ、嫌いですね」程度の発言は絶対にすべきではないと思います。それをサラっと言ってのけ、他人の努力と本気を虚仮にする言葉は、ただの暴力です。時間的に全てを語れないのであれば、語らなければ良いし、一言でも何か言わなければいけないのなら「分からないです」で良い。もちろん。ベビーメタルを嫌いでも構わない。しかしそれが他者、当人達に届くという可能性を知った上で発言するのであれば、何倍にもなって自分に跳ね返ってくるであろうことは分かりそうなものですけどね。
コメントを求めた方も困惑したでしょうね。
否定派に立つとしても、もっと言い方あるだろこいつバカか、くらいの事は思ったでしょう。

日本人ではないのだろうし、(ショーン・K氏の事もあるから実際はわかりませんが)、どこまで言葉の意味を理解して言ったか分かりませんが、「まがい物」とはどういうつもりでしょうか。
逆に「本物」とはなんですか?
音楽に正解があるのですか?
ちなみにバラカン氏にとって本物とは誰ですか?
それが世界的に名の通ったビッグアーティストだとして、それはその本人が凄いのであって、バラカン氏が凄いわけではない。
だのに、バラカン氏が「本物」と「まがい物」を判断出来るのはなぜですか?
ナンセンスです。
音楽は「本気かどうか」だけですよ。
当人が楽しんで、本気で打ち込んでいるものを、それがなんであれ罵倒出来る人間なんていていいはずがありません。


バラカン氏は耳で聞いて、どこかでチラっと見て、何かを判断した気になっていますが、実際は彼女達を何も知らないし、彼女達を愛する多くのファンの何も知らない。肌で感じ、感動し、応援している多くの人間が世界中にいる現実を無視し、好きか嫌いかだけでシャットアウトしてしまった。個人的にはそれでも良いです。バラカン氏には全く関係のない話です。しかしそれを言葉にするのは間違っているし、世に出た言葉になんの重みも正義も意味もありません。
ただ人を傷つけただけ。


私はバラカン氏にベビーメタルを好きになってほしいとは思いませんし、それは誰に対しても同じです。私はベビーメタルが大好きですが、彼女達の優れている点を列挙して力説する事をしたくありません。
もちろん彼女達には良い所がたくさんあります。
しかしそれが音楽である以上、聞いて、見て、何も感じないのであればそれはその人にとっては、何者でもない、という事だと思うからです。
私にだって、どれだけ熱く語られても拒否反応しか起きないミュージシャンやグループがいます。それと同じで、ベビーメタルも、万人受けするとは私自身が思っていません。
だからと言って、自分の好き嫌いだけで、おおやけに彼女達を否定する事に意味があるとも思いませんがね。
ここの記事でも何度かベビーメタルについて語っていますが、「アイドルとメタルの融合」という一点でしか彼女達を評価してこなかったのは、そういう理由からです。書こうと思えばいくらでも書けます。
今後も、個人的に思うことは書いていきますが、だから皆さん聴いて下さい好きになって下さいというスタンスは絶対に取りません。
大袈裟に書いているようですが、ごくごく一般的な常識だと思います。
音楽雑誌によくある音源の批評や点数付けなどは、購買意欲や選択に役立つことから良識ある意見であれば参考にもなります。
しかし意見のない、好き嫌いだけで音楽を語る事はただの愚です。
本当に音楽を愛しているのかすら疑いたくなるというもの。


ピーター・バラカン氏は今回の記事に対して、浅はかで恥ずかしい事をしたとは思わないのでしょうか?