「言葉を残そう」

ブログ版非公開

よくあること?

また良い女優さん見っけた!
韓英恵」さんてご存知ですか?『今頃何言ってんだよ』ってナイツの眼鏡の方に突っ込まれそうですが、多分邦画を良くみてる人なら知ってるんだろうな。
映画は映画館が遠いのでDVDを買って見るんですが、出不精のくせに映画好きなので溜まる一方。どれも宝物で売ったり捨てたりは絶対しないのですが、おかげで数えたくない程の散財っぷりでもの凄い量に。けど今回そのおかげで素敵な女優さんと巡りあえた。出会いってのは仮に何度すれ違ってもその人と気付かない事が日常よくあるように、意識しないと会ったことにはならないけど、先日塚本晋也監督目当てに購入した「悪夢探偵2」に主演されてたその韓英恵さんというのが、まさにそう。既に出会ってたんですよね。それも3度も。3度目の正直ならぬ4度目の電撃。言い訳しますと、まだすんごい若い女優さんなんですよね。なので見た映画全部違うイメージ、違う役柄、違う顔、なんです。
ハーケンクロイツの翼」「阿修羅城の瞳」「JamFilms2-クリーンルーム」の3作なんですが、一番素に近いであろうクリーンルームの時ですら、メイキングを見ると小6だったそうで、今大学生だから印象が全然違う! 「悪夢探偵2」を見ていて、後半まで彼女の顔は出てこないんですが、それでも見た瞬間「あれ?知ってるぞこの子」と思い宝物DVD全部裏っかえしてキャスト調べると、3作も持ってた、という…。
意外と自分の中ではある事で、好きな映画を見ていると、好きな俳優さんが「あ、また出てる!」とびっくりすることが多々あります。水橋健二さんとか、しいなえいひさんとか小栗旬とか大杉蓮さんとか!気付くとめちゃくちゃ見てるんですよね。こういうのって、やっぱり出会いですよね。こうなってくると、「あ、面白そうな映画」と思いふとキャストを見ると、「またアンタか!?」という喜びも味わえたりして楽しい。
出演してる俳優さん目当てで見る映画と、物語優先で見る映画とあるけど、この人が出てるとまず外すことがない、という人もいてそれも見る基準になる。英恵さんもそういう女優さんになりそう。この人を見ているだけで映画に引き込まれるんですよね。
凄い好き。何がって顔が。それと存在感。今回の悪夢探偵2の演技も素晴らしかったので、今メロメロです。