「言葉を残そう」

ブログ版非公開

面倒な季節です

こないだは腕まくりしても暑くてうんざりしてたと思えば今日は雨降りで寒し。こうも温度に振り回されるとほんと調子悪い。
調子悪いといえばウチのDVDデッキ。ソフトを入れても再生しない。これまでも何度かあったが昨日はついに一度も再生されずイライラしたので、アマゾンでクリーニングDVDなる物を注文した。認証エラーにあたるのか再生エラーにあたるのか良く分からなかったけど(違いも分かりません)、評価の高かったELECOMの認証エラー解消のなんたらをば。一緒に川村カオリのニューアルバム「K」も。何故か新品なのに安かった。明後日遠出する予定があるのでネットで買わなくても良かったけど、出先で入手出来ないとそれだけでテンション下がるからね。
所でDVDデッキね。やっぱりソフトを認証しないと、書き込みとかも出来ないわけで、先日見た「白夜行」とか「あんどーなつ」とか「岸和田少年愚連隊」とか、録画してあるドラマ・映画、全部残せないしね。それに再生出来ないと散財してコレクトした映画のDVDがゴミになる。50本はあるからね。多いか少ないかは各々判断していただくとして、全部宝物だし。
そうそう村上春樹の新刊「1Q84」が今日発売になった。これも迷ったー。買うべきか。全部読んでるわけでじゃないけど、「ノルウェイの森」はずっと好き。ミーハーと言われようとも。多感な時期に読んでずーんと重いものが腹に来た。こういう衝撃って残るから。けど今新潮文庫を買ってカバーについてる応募券みたいなマークを集めて送るとマグカップをもらえるキャンペーンがあって、それを必死に狙ってる彼女のために中島らも阿川佐和子を買って、そのマークだけアゲル予定なので財布の紐は締めている。
中島らもがまた大好きでね。亡くなられた時は泣いたなー。奥さんが書いた伝記を読むと、ホントむちゃくちゃな人だったのが分かる。けどどこかぶれない芯が確かにあって、あくまでエンターテイメントに拘った作風と人柄が、もう永遠不滅な存在だと思うわけです。昔リリパット・アーミーという劇団をやってらしてね、良く見た。面白いとはこういう事だ、というベタなキャッチを付けたい程完成度の高い、笑いと感動の舞台でした。また見たいな。DVD安くで手に入らないかな。そのためにはちゃんと認証してもらわないと。